会社紹介

株式会社ヴォイスは、『音』そのものが何か?、音・振動を分析し、その伝搬経路を特定し、音源から対策を考える、という独自の方法で、業界では不可能・困難と言われてきた多くの騒音・防音問題を、解決しています。

特に他社では使用しない、自動車・飛行機・新幹線・電車、工場などの重機械設備などに使われている特殊な防音材料を駆使し、これまで不可能、と言われてきた防音、音響を可能にして来ています。

音楽スタジオ・音楽教室からピアノ室などの音響空間の設計、工場・ビルなどの防音対策、集合住宅の騒音対策など、多種多様な『音』に関わる問題を解決して来ています。
音の問題解決のみにこだわらず、新たな技術、製品の開発・設計を行っています。

法人などの規模の大きいものから、個人のお客様のものまで、そのニーズに合わせ、ピンポイントで的確に、コストも考えた方法、ものをご提案しています。
どうぞお気軽にご相談下さい。様々な状況とご予算に合わせ、お客様の立場に立って、ひとつひとつ、確実に対応しています。

※弊社の提携パートナー防音職人も、あわせてご利用ください。

 
 〈代表・一級建築士 西村文利のプロフィール〉

事例だけでなく、建築についてなどの思いを綴る、西村のブログは以下です。
ブログ「“音”の世界から、建築・暮らしを考える


【写真】1977年、学習院大学文学部国文科を卒業後、建築の道を志す。独学のうえ、ゼネコン監督、建築設計事務所などでの修行を経て、一級建築士の資格を取得。

その間、共同で住宅設計会社を設立、後に日本では珍しい組積造の設計施工会社を設立の後、
1993年、土・石・木などの自然素材にこだわる住宅・店舗の建築設計、施工をする、建築工房「乾坤舎」を設立、現在に至っています。

一方、建築の世界では、建築学会の活動に参加、有志で環境に優しい「Wエコ工法」プロジェクトに参加、現在も続いています。

同時に、自然環境の重要さを痛感、雑木林研究会への参加、環境を考える集団“みどりコスモス”の設立、林の手入れなどから出てくる雑木、竹などから楽器を作り、演奏活動をする、雑木林楽団“竹音器’s”の設立、などの自然共生活動も積極的に行っています。

またそれらのことと同時に、特殊で高性能な自動車の防音材を知り、それを利用した工法、技術を研究、独自の高性能防音工法技術『薄膜多層構造』を発明、新たな防音材、防音工法の開発も積極的に行っています。
2009年、これまでの研究成果と実績を踏まえ、防音材料の製作、開発のため、「株式会社ヴォイス」を設立、現在に至っています。

現在は徐々に、『音』の世界に魅了され、『音』の仕事が中心になりつつあります。