“音”の開発」カテゴリーアーカイブ

今手掛けている、“音”に関する開発

『吸音』を究めた『消音』の行方 その3

前回の『サイレント・ボックス』は、フレームは木製でしたが、経年変化でひび割れ、ねじれが発生、
とても「商品」とは呼べないものであることが、分かってきました。
これまで、段ボール、アルミパイプなどで、試作を重ねてきましたが、いずれも「商品」と呼べるレベルには、たどり着けませんでした。
それならば、原点に返って、既製のパーティションを使わせてもらって、ということになりました。

今回の試作は、「聴かれてはいけない、相談ルーム」というコンセプトで、中に簡単なテーブルとイスが4脚くらい置けるスペースを持った、『消音パーティション』という名称で、(株)生興さんのローパーティション、LPXを使わせていただき、完成させることができました。
161108 5 錦糸町・セイコー祭り
上記の写真は、東京での展示会に出品した『消音パーティション・ルーム』です。

性能は、下記のように、スキ間が多くあるはずの正面ドア側でさえ、100-59=41dB、低減という
信じられないような数値になりました。
消音パーティション H2.2-161108

四面とも、D-40レベル、というスバらしい性能になりました。
体感された人、すべての人が、「何だこれ、全然聴えない!」と、驚いていました。

ともかく、これは『商品』として、売って行けるレベルのものに、なったのかな、と感じています。
さあ、これから。
これを基に、『音楽室』の応用など、いろいろ前が見えてきました。

カテゴリー: “音”の開発 | コメントは受け付けていません。

『吸音』を究めた、『消音』の行方 その2

「『吸音』を究めた『消音』」の続きです。

前回の『ワンワン・ボックス』、たまたまボックスの中に、頭を突っ込んだところ、扉を開けたままなのに、ほとんど周囲の音が消え、とても静かであることが、分かりました。
いわば『無音』に近い状態でした。

これで自信が付いていたところで、ある大手パーティション・メーカーから、ご紹介があり、去年『サイレント・ボックス』なるものを、造ることになりました。
150918 4s-1280
上の写真が、その『サイレント・ボックス』です。

その『消音性能』は下のグラフのようです。
141120 2M BOX 第1世代 測定 消音性能s-1280
ドアがありません。
これが最新の、Ver.4 になります。
ドアがないのに、この性能。
『遮音性能』と呼ぶより、『消音性能』だろうと思い、そう呼んでいます。

実際には、周囲がいくらうるさくても、中は静か。
それよりも、無音に近い状態になるので、音が消えていて、不思議な感覚になります。
中で、携帯電話をしていても、スッキリ、ハッキリ会話ができました。

恐らく、これだけの消音性能を持っているボックスは、他にないでしょう。
今、弱点になっている、200Hzの消音を、もっと性能を上げようと、壁パネルの中身の変更を企んでいるところです。
200Hzを良く『吸音』する材料・仕様は、見付けております。
今後も、ドンドン進化させて行くつもりです。
乞うご期待!

カテゴリー: “音”の開発 | コメントは受け付けていません。

『吸音』を究めた、『消音』の行方 その1

今現在、進行中の『音』の開発プロジェクトを、支障のない範囲で、ボツボツとご紹介していこうかな、と思います。

その第1回は、『吸音』を究めた『消音』について、書いてみます。
原理は簡単「音エネルギーを吸収してしまえば、静かになる」ということ。

今から8年前、あるパーティション・メーカーと一緒に、『吸音をメインにした、静かな応接室』を目指したことがありました。

これに至る要因として、
①パーティション工法では、スキ間が必ず多くできる。
②使用する材料、仕上げ材は、鋼板・アルミなどの反射材・遮音材ばかりで、
 室内の音エネルギーが多くなりすぎる。
など、パーティションは、およそ防音に向かない代物、工法である、と考えられていました。

しかし、パーティション工法の利点は多く、
①工期が短い。
②工事が簡単。
③コストが掛からない。
④移設が簡単。
などたくさんあり、市場ではほとんどがパーティション工法による、室空間造りになっています。

しかし、『防音』には向かない。
そこで考えたのが「『吸音』による、静かな空間」造りでした。

結果から言ってしまうと、500Hz以上の中・高音は、30dB以上、低減=消音できましたが、それ以下のの低い音、特に125Hzの落ち込みが激しく、10dB台の消音しかできませんでした。

その一番の原因は、吸音材がウールだけだったこと。
もちろん、グラス・ウールよりも性能がよい、ロック・ウールを使っても、でした。

それでも、中・高音域で30dBも消音できたことは成果で、人の聴感覚で言えば、1/8に聴える、というレベルでした。

とりあえず商品化、という話しになりましたが、経営者の鶴の一声で、中止になりました。
とても、残念でした。
ただ、その時の経験から、それ以上のものにするプランを、ずーっと育んできました。

その後、ある人からの相談で、「ワンちゃんの家はどうだろう?」という話しが出てきて、早速試作することとなりました。
それで、できあがったものが下記の写真です。
             《ワンワン・ボックス》
ワンワン・ボックス
室内は、吸気・排気装置も付け、ワンちゃんの快適さも考慮しました。
性能はなかなかのもので、D-35レベル、
250Hzで、26dB
500Hzで、40dB
1000Hzで、50dB
という性能でした。
もちろん、中のワンちゃんの声は、ほとんど聴えませんでした。
ただ、あまり需要はありませんでしたが・・・

カテゴリー: “音”の開発 | コメントは受け付けていません。