『吸音』を究めた『消音』の行方 その3

前回の『サイレント・ボックス』は、フレームは木製でしたが、経年変化でひび割れ、ねじれが発生、
とても「商品」とは呼べないものであることが、分かってきました。
これまで、段ボール、アルミパイプなどで、試作を重ねてきましたが、いずれも「商品」と呼べるレベルには、たどり着けませんでした。
それならば、原点に返って、既製のパーティションを使わせてもらって、ということになりました。

今回の試作は、「聴かれてはいけない、相談ルーム」というコンセプトで、中に簡単なテーブルとイスが4脚くらい置けるスペースを持った、『消音パーティション』という名称で、(株)生興さんのローパーティション、LPXを使わせていただき、完成させることができました。
161108 5 錦糸町・セイコー祭り
上記の写真は、東京での展示会に出品した『消音パーティション・ルーム』です。

性能は、下記のように、スキ間が多くあるはずの正面ドア側でさえ、100-59=41dB、低減という
信じられないような数値になりました。
消音パーティション H2.2-161108

四面とも、D-40レベル、というスバらしい性能になりました。
体感された人、すべての人が、「何だこれ、全然聴えない!」と、驚いていました。

ともかく、これは『商品』として、売って行けるレベルのものに、なったのかな、と感じています。
さあ、これから。
これを基に、『音楽室』の応用など、いろいろ前が見えてきました。


カテゴリー: “音”の開発 パーマリンク